音波クラシカル -クラシック入門編-

クラシックの可能性は無限大。それでもやはり敷居は高く、なかなかその世界に入り込むことが難しいのは事実。それならば平易な言葉だけを使い、クラシックを自分なりの言葉で表現してみようと実験していたブログでした。

ブラームス:交響曲第4番 / マゼール, クリーヴランド管弦楽団

自分がクラシック音楽をなんとなく聴けるようになった頃に、「ブラームスの4番なんかは聴きやすいからお勧めするよ」と知人に教えられ、取りあえず入った店舗にて廉価で売られていたCDを購入したのがこのブラームス全集。もちろん、ブラームスの曲も知らなければ、当然のように指揮者のマゼールの名前などは聞いたこともない。安かったから買ってみた。ただそれだけのこと。

そこからまずは真っ先に第4番を聴き「ふむ、なるほど」と言ったような印象を受けた記憶がある。

その後も何度となくCDラックから引っ張り出しては、この第4番ばかりを聴いていた。知らずうちに魅せられていた理由は、何よりも主旋律がはっきりしていて分かりやすいことと、楽曲そのものが適度にロマンティックで、映画音楽であるかのように肩肘張らずに楽しめることにある。オーケストラの主たる楽器を、旋律の主人公にうまく割り振って使って書かれているあたりも、今なら魅力の一つだと言えるかもしれない。

その後、名だたる指揮者やオーケストラのブラームスを聴いてきたけれども、結局は最初に聴いたこのディスクに戻ってくる。決してその他のブラームスが気に入らなかったわけでもなく、なんとなく愛着が湧いてしまっただけのこと。クラシック音楽、それも一つの楽曲の一つの演奏に愛着が湧くなどと言うことがあるものなのだと、実は今これを書いている時点で少々驚いている。

録音が良く、過剰な残響もないために楽器の見晴らしが良く、自分にとってとても聴きやすいことが、この演奏を愛する理由。何よりも、重厚過ぎないオーケストラのバランスの良さが一番のツボ。ほどよい軽妙さから引き出される聴きやすさが、自分にとって最大の魅力なのだ。

⇒TOWER RECORDS ONLINE

Brahms: Symphonies No.1-No.4, Haydn Variations, etc

⇒Amazon

Comp.symphonies: Maazel / Cleveland.o +overtures, Haydn Variations

Comp.symphonies: Maazel / Cleveland.o +overtures, Haydn Variations